子供たちが笑顔で通える5つの理由【3】

Pocket

気づけば英語を話しちゃう

キバックスのレッスンで使うテキストは、学校やほかの英会話教室とはちょっと違うものです。移民の多いアメリカの公立小学校や英語教育が進んでいる韓国などで使われているもので、テキストにCDやDVDもセットになっています。

実はこのテキスト、アメリカ人の主婦の会話をじっくり分析して、その中でよく使われる単語を中心に構成されているんです。だから子供たちにとっては、お母さんとおしゃべりするような感覚。耳で聞いて、口でしゃべって、絵でストーリーを見て、ジェスチャーで体を動かしながら覚えるからとってもわかりやすいんです。

絵本で見た基本の物語が、DVDになっていたり、CDでは歌になっているから、飽きずに、くり返し練習できるんです。子供たちにとっては、歌ったり、楽しいお話を見ているだけなので努力しているつらさはなく、いつのまにか自然と英語が話せちゃうんです。

英会話もスポーツと一緒で、本を読んでいるだけでできるようにはなりません。実際にやってみることで、しかも何度もくり返しやってみることで、だんだんとコツや楽しさがわかってくるものです。

レッスンでは、机に座ってじっとしている時間はほとんどないんです。「look up」なら見上げる、「Turn around」ならクルっと振り向くなど、体を動かしながら話すから楽しく、しかも覚えやすいと一石二鳥なんです。

おうちでもDVDやCDを毎日使ってもらうんですが、保護者のみなさんが「やりなさい」と言わなくても、子供たちが鼻歌を歌いながら自分で再生しはじめるそうですよ。

→子供たちが笑顔で通える5つの理由
「休みの日でも、行きたい教室空間」