英語が苦手な忙しいお母さんへ

Pocket

英語が苦手な忙しいお母さんほど、英語教育はうまくいく。

004「私は英語が話せないし、毎日忙しい。通わせてもうまくいくかなぁ」と不安に思っていませんか?

まったく心配はいりません。英語が苦手で忙しいことを味方につけましょう。キバックスの保護者の大半は、英語が苦手なお母さん方です。

もちろん、英語ができることにこしたことはありませんが、英語に自信がないお母さんこそ、実はチャンスなのです。

理由1:あなたは子供のサポーター

005安心してください。お母さんは「英語の先生」である必要はありません。

子供にとって英語は「学習」ではなく「楽習」です。

もしお母さんが英語の先生になってしまうと、子供の「できないこと」ばかりが気になってしまいます。

「今日のレッスンはどうだった?」「お母さんも一緒に英語のDVD見ていい?」など、お母さんはあくまでもお母さんとして『いつでも子供を励ます存在=サポーター』でいてください。

理由2:忙しいからいい。

006忙しい人は「明日できないから今日のうちにやっておこう。」というように、時間の大切さを知っています。

だからこそ、送り迎えの時や、お風呂の時間といった「ながら時間」を有効活用できるエキスパートなのです。

子供は、お母さんが一緒にCDを聴いたり、DVDを見てくれるだけで喜んでくれます。最近、子供との会話が減っていると感じるお母さんは、英語を親子のコミュニケーションを増やすキッカケにしてみてはいかがでしょうか。

理由3:いずれ子供の習慣になるからOK

007幼稚園から英語を始めたとしても、親子で一緒に勉強する必要があるのは、わずか数年です。

それまでに、きちんと習慣にしてしまえば、子供にとって英語を学ぶことは、毎日歯を磨くようにあたりまえになります。英語が上手になればなるほど、英語や海外への興味が増し、もっともっと英語の世界にのめり込むようになります。

そうなれば、お母さんが物理的に時間を割く必要はほとんどなくなります。つまり、小さい頃にしっかり時間をさいてあげれば、結果的にお母さんの負担は少なくて済むのです。

いかがでしたでしょうか?

私でも大丈夫かしらと、自信を持って頂けたことかと思います。

子供は育てるのではなく、自ら育っていくものです。だからこそ、私たちが勇気を持ってそれを見守り、励まし、正しい学びの場を状況に応じて整えてあげることが、本当の教育ではないでしょうか。

→初めて英会話教室を探される方へ


★スマホからのお電話は今すぐコチラ!0120-947-052(通話料無料)
【受付時間/10:00〜18:00 定休日/日祝】