代表あいさつ


キバックスインターナショナルは、2014年10月にイオンモール福岡伊都そばに開校した「新しいスタイルの子供英会話教室」です。

私たちは、英会話のレッスンに加えて、『レジリエンス教育』を日本の英語教室として初めて取り入れ、将来グローバル社会で通用する子供たちを育成します。

天神でもなく、百道でもない、この場所に教室を構えたのは、今、最も福岡で発展を遂げているこの街とともに成長していきたいという強い想いからです。

開校して間もない教室にもかかわらず、多くの方に興味を持っていただき、3才から小学生の子供たちが楽しく通っています。

英語が話せることが当たり前になってきたこの時代。このような世界基準のプログラムを福岡の子供たちに提供できることを大変嬉しく思います。どうぞご期待下さい!

キバックスインターナショナル 代表
木場真一


 代表プロフィール

木場真一(きばしんいち)
株式会社キバックスインターナショナル 代表取締役

1977年長崎県西海市生まれ。大学卒業後に就職した会社を辞め、経営学を学ぶために渡米。ワシントン州のCity University of Seattleで経営学修士号(MBA)を取得し、富士通に入社。トヨタ自動車の海外生産物流システムに携わり、ビジネスのグローバル化を肌で実感。その後、福岡地場最大手語学スクールで営業責任者として3000名以上の社会人に英語の必要性を伝える。長男の誕生を機に「将来グローバル社会で活躍する子供たちを育てたい」と、英会話☓ポジティブ教育スクール・キバックスインターナショナルを設立。専門のレジリエンス(逆境力・折れない心)セミナーも積極的に行っている。趣味のテニスは、高校時代にインターハイに出場するほどの腕前。