福岡市西区で初めて英会話教室を探される方へ


子供に喜ばれる英会話教室を選ぶために。

代表の木場です。子供に喜ばれる教室選びをお話します。

代表の木場です。子供に喜ばれる教室選びをお話します。


子供に英会話を習わせたいと思っても、勉強法や教室のことなど、分からないことが多いのではないでしょうか。

私は今まで、留学やコンピュータメーカー、さらに英会話スクールなど、英語とは切っても切り離せない経験をしてきました。だからこそ、子供にはよりよい英語教育を与えたいと思ってきました。

英会話教室をつくると決意してからというもの、全国各地の英会話スクールやインターナショナル幼稚園、そしてアメリカの現地スクールまで、勉強に行きました。

このページでは、こうした私自身の経験を元に、初めて英会話教室を探される方へ、教室を選ぶ際に気をつけるべきポイントをお話します。また、今、お子様を英会話教室に通わせている方にも役に立つ情報ですので、参考にしていただければ嬉しいです。

「英会話」に通うメリットを知る

さて、初めて「英会話」の習い事を考える時に、最も大切なことは「英会話に通うメリットを知る」ということです。

キバックスの説明会に参加された方の習い事に「英会話」を選んだ一番多い理由は「子供の将来の選択肢を増やすため」です。

確かに英語が話せるようになれば、次のような将来の選択肢が考えられます。

  • 高校の夏休みに短期留学
  • 英語力を必要とする日本の大学に奨学生として入学できる
  • アメリカの大学に入学できる
  • 英語力必須の企業に就職できる
  • 海外で働くことができる 等々
あげればきりがありませんが、このように英会話に通う目的やメリットをまずはイメージすることが大切です。ただやみくもに英会話に通っても結果はついてきません。

何歳から始めるのがベストかを知る

001英会話を習うメリットが見えてきたら、いつ頃始めるのが一番いいのか考えてみましょう。

最近ネット上では「早ければ早いほうがいい。できればお腹にいるうちから。」など、英語の早期教育に拍車をかけるような情報が目立ちます。

実際、3才から始めても早過ぎるということはありませんし、9才からでも遅すぎるという事もありません。子供は大人よりも英語を聞き取れる音の範囲がずっと広いですし、生きるために様々な情報を得ようとするので、本能的に英語を覚えやすいというメリットがあります。

大切なのはこのチャンスを逃さないこと。幼稚園から小学校までの子育てはあっという間ですから、今だからできる方法で英語に触れていくことがベストな方法です。

今だからできる方法を知る

では、「今だからできる方法」とは何かご説明します。英会話を身につけさせる場合、カリキュラムや教材の質は子供の会話力を大きく左右します。

私たち大人が長年やってきた「主語は?動詞は?」という文法的な勉強をやっていては、一向に話せるようになりません。

この時期の子供たちは「英語を英語でそのまま理解する能力」を持っています。「りんご=アップル」ではなく「赤くて丸い甘い果物=apple」でいいのです。日本語の方がわかるからと言って日本語を混ぜることはおすすめしません。英語は英語で理解することが、自然に英語を身につける最も効果的な方法です。

→「英会話が身に付く理由」をみる


教室の選び方

最適な方法がわかれば、次は教室探しです。初めて英会話教室を探す場合、どうしてもイメージで選んでしまったり、月謝の安さなどで決めてしまっている方が多いです。

教室選びで一番大切なことは「子供たちが英語を楽しみ、メキメキと英語力を伸ばせる教室」かということです。

とくに失敗するパターンで多いのが・・・

広告のイメージや料金割引キャンペーン等に惑わされたり、大手だから大丈夫だろうと通わせているケースです。

検索するとたくさんのスクールがヒットするが・・・

検索するとたくさんのスクールがヒットするが・・・


現在の英会話業界は教育業であるにもかかわらず、生徒をお客様扱いし、きちんと指導ができないなどサービス業化しています。CMや割引キャンペーンは、お子様の英語の伸びには一切関係がありませんので、惑わされない注意が必要です。

場所だけでは選ばない。

また、通いやすさだけで選んでいるケースです。子供の習い事には、送り迎えがつきものですから、レッスンの時間帯や教室の場所はとても重要です。

しかし、お子様のためにも、教室の中身を最優先してあげてください。英語力が伸びるレッスンあっての通いやすさを今一度確認しましょう。

さらに、最近は、幼稚園で英会話レッスンを受けている子供たちも多いようです。幼稚園の延長で受けれるのは、保護者にとてもありがたいことですが、2〜3年したらやめなければならないということです。

もし、小学生になって他の教室で英会話を続けることになれば、まったく違うカリキュラムで学びなおすことになりますので、先のことも頭の片隅に入れておく必要があるのかもしれません。

実は、自宅用教材がとても重要

082最後に、教室で購入しなければならない「自宅学習用教材」は、必ずチェックして下さい。

日本にいながら英語を話せるようになるまでには、英語にふれる時間を確保する必要があります。子供が言葉を習得するには、繰り返しの学習が最も効果的かつ効率的な方法です。

綿密に作られた自宅用教材は、習った言葉を覚えるまで復習でき、覚えた言葉をレッスンで使ってみることで「通じた!」という体験が、子供をもっともっとやる気にしていきます。教材の仕組みや効果をしっかり説明できる教室は安心できると言っていいでしょう。

いずれにしても、習い事は、買い物のように簡単には買い替えがききません。きちんと比較をして、納得できる英会話教室を選んでいただければと思います。

大まかな英会話のゴールを決めましょう。

キバックスの小学生が書いた夢


教室を決めたら、「行き先=ゴール」を決めましょう。

英語を話せるようになるまでは、長い旅が続きます。行き先が決まっていない旅は、お金も時間もかかります。それと同じように、子供がどこを目指してどのように英会話に取り組んでいくのか、ある程度予測を立てることが大切です。

それには、的確なアドバイスができる先生や、何でも気軽に相談できるスタッフの存在が不可欠です。目的地に辿り着くまで、つまずくこともあるでしょう。ましてや、英会話は塾などと比べて効果を測りにくいだけに、モチベーションを維持する難しさがあります。

そんな時に、お子様を励ましてくれたり、正しい方向に導いてくれる教室の存在は、大げさかもしれませんが、英会話力どころかお子様の人生までも変えてくれることでしょう。

お母さんがしてあげられること。

さて、レッスンが始まったら、お母さんは「何をしてあげられるか?」考えてみましょう。

子供を英会話に通わせる保護者の9割は、英語が話せないと言っても過言ではありません。しかし、お母さんは「英語の先生」になる必要はないのです。

指摘ばかりする先生は、子供が自信をなくし間違えることをおそれるようになってしまいます。毎日取り組める環境づくりや、毎日取り組むようやさしく導く「サポーター」でいいのです。

なお「英語が苦手な忙しいお母さんへ」のページで、お母さんのサポートのコツについて詳しく説明していますので、参考にしてみてください。

→英語が苦手な忙しいお母さんはコチラをクリック


まとめ

以上、初めて英会話教室を探す際に、知っておくべきポイントをお話ししました。少しでも参考になれば幸いです。

初めて英会話教室探しは、わかならないことだらけです。「教室の違いなんてよく分からない。」「ウチの子が本当に話せるようになるだろうか。」そんな風に不安をお持ちのことと思います。

もしそうお考えでしたら、まずはお子様と一緒に興味ある教室に見学に行ってみられてはいかがでしょうか。

「今が、英語を学ぶのに最適な時期」というのは間違いないのですから、まずは動きましょう。あなたにピッタリの英会話教室が見つかることを願っております。


★スマホからのお電話は今すぐコチラ!0120-947-052(通話料無料)
【受付時間/10:00〜18:00 定休日/日祝】